おひさまダイアリー
お空から見守るココア兄さんに励まされ、二代目らくとしろいぬの里のお手伝いをしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[
スポンサー広告 ]
| --/--/-- --:--| |
ココア 命日
今日は我が家の長男犬ココアの命日です。
cocoa1

2012年の大晦日に癲癇発作を発症し、10か月半の闘病生活の末
虹の橋を渡りました。

クッシング症候群の検査で紹介されたN大付属の動物病院に
CT、MRI、各種検査で朝食抜きで通院する事多数。
片道30分のドライブと長い病院の滞在時間、
何とかしたくて、何かしていたくて、8か月間通院していました。

今思えば、私の自己満足の為だけの通院だったように思います。

ココアにしたら家でのんびり過ごしたかっただろうに・・・

いつまでもそばにいて欲しい、その気持ちだけで

ココアに辛い思いをさせてしまったのでは?と

自問自答を繰り返す一年でした。

いつかきっと、同じような場面に遭遇し、悩むことになるのでしょう。

その時にココアの時の経験が+の方向に生かせるように

これからも自問自答を繰り返して行こうと思います。


「ママはやっぱり優柔不断だな~」と虹の袂で呆れてるかな?
DSC01930_convert_20100109193142.jpg

ダメなママだけど、これからもずっと見守っていてね。




スポンサーサイト

[ ココア ]
| 2014/10/15 14:16| TRACKBACK(0) | COMMENT(3) |
この記事に対するコメント
クッシング症候群の愛犬がいます
こんばんは、初めまして。クッシング症候群のダックスフンドがいます。去年11歳の年齢で、里親サイトで我が家にきた、雄の男の子です。
ネットでクッシング症候群調べたんですが、命に関わるような病気ではない、ってのと、早期発見治療しないと危険、とかあって、わからなくて。クッシング症候群の検査はまだしてませんが、血液は尿の検査しました。糖尿病が初期で、肝臓の数値が異常。多尿、水大量で、クッシング症候群の検査をすすめられました。めちゃくちゃ元気で、食いしん坊なおじいちゃんですが、治療費、治療の仕方、とかが気になります。よろしければ色々教えて頂けますでしょうか?
【2014/10/27 22:53】 URL | 岡崎 #- [ 編集]

Re: クッシング症候群の愛犬がいます
岡崎さまこんにちは
コメントありがとうございます。
コメント下さったことに気が付かず、お返事遅くなってすみませんでした。

ダックスさんご心配ですね。
確かに発症してもすぐに命の危険は無い病気だと思いますが、
段々筋肉が衰えてお散歩が辛くなったりします。
ココアは巨大食道症を併発してしまい(これもクッシング由来の可能性大)
誤嚥性肺炎で亡くなってしまいました。
巨大食道症が無ければもっと長く生きれたでしょうし、
放射線治療を受けることも出来たのにと思うと悔しいです。
(ココアは脳下垂体由来のクッシングでした)

なので早期発見、早期治療をオススメします。
検査して陰性ならホッとするし、残念ながら陽性でもちゃんと治療すれば
進行を緩やかにすることは出来ると思いますよ。

もし良ければ鍵コメント(非公開)でメールアドレスお知らせ下さい。

【2014/10/29 18:00】 URL | ココアママ #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2014/11/01 17:31】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mokapudding667.blog109.fc2.com/tb.php/301-38772586
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ココアママ

Author:ココアママ
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。